在職のまま探すか、退職して探すか?

自己都合の場合は、在職中に仕事探しをしたほうが安全

倒産やリストラなど会社都合による失業の場合はともかく、在職者が転職を決意したとき、仕事探しには2つの方法が考えられます。在職中に仕事を見つける方法と、退職してから探す方法です。

それぞれ有利,不利がありますが、もし、いまの会社にいながら就職活動ができるなら、そのほうが経済的な面で安心です。失業給付期間が終われば無収入。その前に決めたいのが本音ですから、条件面で妥協せざるを得なくなることもあります。また早く決めたい焦りが、就職を遠ざけること 少なくありません。気に入った仕事をじっくり探したい人は、在職中に探すほうがいいでしょう。

 

決意が変わらないなら、退職して仕事を探すと見つかりやすい

「こういう仕事をしたい」という意思がはっきりしている人は、退職して気持ちを100%転職活動に向けるのも方法です。たくさんの求人情報を集めることができますから、選択の幅は広がります。また、すぐに来てほしいという要望にも応えられます。資格が必要な仕事なら学校に通うことも可能です。

 

在職中の仕事探しは、会社に発覚しないように注意する

在職中でも私的な時間を使う限り、就職活動をしても違法ではありません。ただし、社員の転職活動を黙認するほど、甘い企業はありませんから、転職が決まるまで会社には発覚しないようにするのが賢明です。採用試験を受けた場合も、在職中であることを告げ、連絡は自宅にもらうようにします。

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋