ネットから企業に応募する

まず、自分に合う求人サイトを探し出す

ネット上で希望条件に合う会社を見つけたら、たいていの場合、そのサイトのエントリーシートを使って応募ができます。

フリーで応募できるサイトもあれば、事前に登録が必要なサイトもあります。

匿名、実名いずれのエントリー方法もあるなど、転職サイトによって応募の方法はいろいろです。

転職サイトの利用は原則無料ですから、いくつもチェックし、自分に合うサイトを選びましょう。

 

インターネットの応募でもマナーは必要

インターネットでの応募は、いつでも簡単にできるので、軽く考えがちですが、基本的には封書で送る履歴書類と重要さは同じです。

書類作成はコンピュータ上に入力していく作業ですが、誤字や脱字は減点の対象になるし、白地の多い書類は熱意を疑われます。必要なマナーを守り、書き方と送り方でつまらない失敗はしないようにしましょう。

 

①冷やかしはダメ

転職サイトのチェックは自由ですが、応募は転職の決意が固まってから。

 

②会社のパソコンから応募は厳禁

現在勤めている会社の備品を使うのは違法です。また応募した会社からのメールが来たら、現在の会社に転職活動が発覚してしまいます。

 

③メールをチェック

早ければ2、3日で返事がくるので、見逃さないようにこまめにチェックを。

 

④送ったデータは必ず保存する

会社ごとに書類の内容は変えるのが理想です。そのデータを保存しておかないと後で厄介。正式な履歴書類の提出を求められたとき、内容が違っていたら大変です。

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

参考サイト:転職エージェントとは?転職サイトと転職エージェントの違い