求人広告の見方はこうだ!!

まず、求人広告をじっくり読み比べることが大切

スペースの都合で情報量の少ない新聞広告も、比較的多い求人情報誌も、記載のある項目はほぼ同じです。「①職種·仕事の内容(求人情報誌は詳しく書いてある)」、「②応募資格」、「③勤務地」、「④勤務時間」、「⑤待遇」、「⑥給与」、「⑦休日·休暇」、「⑧応募方法」などです。比較しやすい構成になっていますから、まずは1つ1つの広告をじっくり読み比べて、自分の希望に合う会社をピックアップしていきましょう。

 

ざっと、目を通しただけの応募は危険

広告記事をよく読まないで応募。たまたま合格し、いざ出勤したら、考えていた内容とまったく違っていた、ということがままあります。例えば、「本社=新宿」という記事から、勤務地を新宿と理解していたら、まったく違う場所だったというケースです。求人広告はスペースに限りがあり、必要な情報がすべて掲載されているわけではありません。そこから読み取れる情報はすべて読み取り、読み取れない情報は勝手に想像するのではなく、面接時などに質問することが大切です。

 

広告を見て、

面接時に質問したいことをチェックする

新聞広告によくある「給与は当社規定により優遇」といった記事について、細かい説明を受けずに入社する人はまずいないでしょう。広告記事は入社を決断するのに必要な最低限の情報です。記事をよく読んで、説明を求めたいことをチェックして面接に臨みましょう。

 

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋