「志望動機」に関する質問の必勝法

志望動機は明確に、漠然とした憧れは禁物

応募者のスキルや経歴などでは、ほとんど優劣がつけにくいので、求人側は、採否に直結する「本気の度合い」「入社への強い意志」の判断材料を「志望動機」に求めるといいます。常に面接官は「仕事におけるXXの理由から志望しました」と明確な動機を期待しています。したがって、動機が単なる対偶や条件面への漠然とした憧れだけでは、本音がどうであれ入社は不可能でしょう。

 

どんな仕事でどんな貢献ができるのかを具体的にアピール

「志望動機」を説明するとき、「貴社の仕事が是非やりたい」という単なる熱意の表明だけでは、面接官の心を動かすことはできません。やりたい仕事や持っているスキル、実績と企業の仕事内容、経営戦略とがどうリンクするのかを、具体的な事例を挙げて説明することが大切です。入社後のプランや会社にどんな利益をもたらせるのかまで言及できれば、説得力溢れる「志望動機」になります。

 

しっかりした企業研究は評価される「志望動機」につながる

応募する会社に関する経営方針や独自の技術、業界内での地位や評判などの企業研究も重要になってきます。それらの情報とその分析を通して、あなたが会社のどこに興味を持ち、共鳴し、どんな活躍が果たせるかを「志望動機」と絡めながら話すことができれば、グーンと入社意欲が印象づけられると同時に自己PRにもつながります。

 

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

参考サイト:転職の面接の質問

 

「職務経歴書」の書き方はこうだ!!

最近は「職務経歴書」が、書類選考突破の決め手になることが多い

景気の低迷から、「人を育てるより、育った人を採用したい」と考える会社が増えています。こうした会社の採用は「即戦力」重視。当然、どんな仕事をしてきたか記した「職務経歴書」の提出を求めます。「履歴書」によってマイナス材料はないかチェックし、「職務経歴書」でプラス材料を探すのが一般的な見方です。ここでどれだけプラス材料をアピールできるかが、書類選考突破の決め手になります。

とは言え、多くの人にとって職務経歴書は耳慣れないもの。どうやって書けばいいのでしょうか。

参考サイト:職務経歴書の書き方(フォーマット)

自由な書式で、セールスポイントをアピールする

「職務経歴書」は自由な発想で、職歴を中心に自分のセールスポイントをアピールする書類です。特に、これと決まった書式はありません。市販の履歴書用紙には「職務経歴書付」のものもあるので、それを利用してもいいし、パソコンを使って書いてもいいでしょう。パソコンの場合はA4用紙を使うのがふつうです。読みやすい書類かどうかも評価の対象になるので注意しましょう。

「編年体式」と「キャリア式」がある

職務経歴書には、自分のキャリアを年代順,時系列に記述した「編年体式」と、関わった仕事単位でまとめた「キャリア式」があります。どちらがふさわしいかは、それぞれの人の職種やキャリアによって違いますが、一般には「編年体式」はオールマイティに使え、「キャリア式」は技術職や専門職に向いていると言われています。

 

 

職務経歴書の書き方の手順

「職務経歴書」は履歴書と違って決まったフォームがなく自由に書ける分、どう書いたらいいか迷いがちです。ポイントは2点。「自分の経歴をもれなくピックアップすることと、「アピールできるようにまとめること」です。そのためには、次の手順が有効です。

 

①自分の職歴を徹底的に洗い出す

まず、古いノート、手帳、日記、メモ、名刺整理帳などを引っ張り出してきます。それを参考に、これまで在籍した「会社名」「部署名」「役職名」を、年度を追って書いていきます。次に、そのときどきに携わった「業務内容」「取引先名」「仕事の成果」などを書き出します。

 

②アピールできる材料を取り出して整理する

なかには「社長賞をもらった」「売上を前年比50 %も伸ばした」「開発に携わった新製品が大ヒットした」など、目立つ実績を有する人もいるでしょうがそうでない人も少なくありません。「自分には自慢できる実績などない」そう思い込んでいる人でもじっくり考えれば、必ずアピールできる材料はあります。「新規開拓に成功した」「20人ものパート社員を管理した」「お客様のクレームに誠実に応えた」など、自分ではさしたる実績ではないと思っても、採用側はそこを重視することもあるので、思いつく実績はできる限りピックアップしましょう。

 

③箇条書きでテンポよく書く。

「編年体式」「キャリア式」いずれも、箇条書きが基本です。テンポよく書くために、《私は人事部に3年いました》の「私は」「いました」など余計な言葉は省きます。

 

④内容を的確に伝えるために「見せる工夫」をする。

メリハリのない書類は読みにくいもの。見出しや小見出しの文字を変えたり、実績はグラフを使うなど「見せる工夫」をしましょう。

 

⑤アピールできている書類かどうか最後に読み返す。

どんなに経歴の豊富な人でも、2~3枚にまとめるのが適当です。書き上げたら、誤字や脱字、年度の矛盾などをチェックします。そして、自分のセ-ルスポイントがきちんと表現されているか、採用担当者になったつもりでチェックしましょう

 

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

 

転職エージェント、転職サイトはこう活用する

人材紹介会社に登録すると無料で紹介を受けることができる

公的機関が運営している「人材銀行」(ハローワークの一部)は、中高年を対象にしていますが、若い層から中年まで幅広い年齢層の労働移動をサポートしているのが、「民間の人材銀行」とも 言える「人材紹介(斡旋)会社」です。

最近では、転職サイト、転職エージェントという名前の方が世の中的には通っています。

転職希望者と求人企業の間に立ち、お互いの希望や条件を聞きながら結びつける「仲人」のようなものと考えるといいでしょう。

人材紹介会社(転職サイト、転職エージェント)の経営は、企業から支払われる仲介手数料で成り立っているので、転職希望者は原則、無料で紹介を受けることができます。もちろん、無料だからといって、気に入らないのに入社する必要もないし、ほかの会社に決めてもまったく問題はありません。

 

キャリアアップを目指す、在職者に向いている

人材紹介会社(転職サイト、転職エージェント)は、転職希望者の登録を受けたら、キャリアや勤務地などを勘案し複数の企業にあたります。

良い感触を得るまで数週間、そして面談、面接などを行っていると、登録から実際の採用まで2~3カ月はかかるのがふつうです。退職者で一刻も早く仕事をみつけたい、という人にはやや時間がかかりすぎるかもしれません。

失業してから登録する人も少なくありませんが、もし転職を志望するなら、在職中に複数の人材紹介会社に登録しておく方法も有効です。

職業安定法により「個人情報の管理」が義務づけられていますから、登録している情報が外に洩れる心配はありません。

 

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

参考サイト:転職サイト、転職エージェントのおすすめ

 

 

求人広告の見方はこうだ!!

まず、求人広告をじっくり読み比べることが大切

スペースの都合で情報量の少ない新聞広告も、比較的多い求人情報誌も、記載のある項目はほぼ同じです。「①職種·仕事の内容(求人情報誌は詳しく書いてある)」、「②応募資格」、「③勤務地」、「④勤務時間」、「⑤待遇」、「⑥給与」、「⑦休日·休暇」、「⑧応募方法」などです。比較しやすい構成になっていますから、まずは1つ1つの広告をじっくり読み比べて、自分の希望に合う会社をピックアップしていきましょう。

 

ざっと、目を通しただけの応募は危険

広告記事をよく読まないで応募。たまたま合格し、いざ出勤したら、考えていた内容とまったく違っていた、ということがままあります。例えば、「本社=新宿」という記事から、勤務地を新宿と理解していたら、まったく違う場所だったというケースです。求人広告はスペースに限りがあり、必要な情報がすべて掲載されているわけではありません。そこから読み取れる情報はすべて読み取り、読み取れない情報は勝手に想像するのではなく、面接時などに質問することが大切です。

 

広告を見て、

面接時に質問したいことをチェックする

新聞広告によくある「給与は当社規定により優遇」といった記事について、細かい説明を受けずに入社する人はまずいないでしょう。広告記事は入社を決断するのに必要な最低限の情報です。記事をよく読んで、説明を求めたいことをチェックして面接に臨みましょう。

 

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

 

 

在職のまま探すか、退職して探すか?

自己都合の場合は、在職中に仕事探しをしたほうが安全

倒産やリストラなど会社都合による失業の場合はともかく、在職者が転職を決意したとき、仕事探しには2つの方法が考えられます。在職中に仕事を見つける方法と、退職してから探す方法です。

それぞれ有利,不利がありますが、もし、いまの会社にいながら就職活動ができるなら、そのほうが経済的な面で安心です。失業給付期間が終われば無収入。その前に決めたいのが本音ですから、条件面で妥協せざるを得なくなることもあります。また早く決めたい焦りが、就職を遠ざけること 少なくありません。気に入った仕事をじっくり探したい人は、在職中に探すほうがいいでしょう。

 

決意が変わらないなら、退職して仕事を探すと見つかりやすい

「こういう仕事をしたい」という意思がはっきりしている人は、退職して気持ちを100%転職活動に向けるのも方法です。たくさんの求人情報を集めることができますから、選択の幅は広がります。また、すぐに来てほしいという要望にも応えられます。資格が必要な仕事なら学校に通うことも可能です。

 

在職中の仕事探しは、会社に発覚しないように注意する

在職中でも私的な時間を使う限り、就職活動をしても違法ではありません。ただし、社員の転職活動を黙認するほど、甘い企業はありませんから、転職が決まるまで会社には発覚しないようにするのが賢明です。採用試験を受けた場合も、在職中であることを告げ、連絡は自宅にもらうようにします。

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋

 

 

「適職」は積極的に探して慎重に決める

のんびり構えていたら、せっかくのチャンスを逃すこともある

中途退職でもしばらくのんびりしたい。それから心機一転、転職活動を始めればいいだろう。転職に際して、そんな心づもりの人も少なくないでしょう。気持ちはわかりますが、退職後、ブランクがあけばあくほど「鮮度」が落ち、採用されにくくなることを覚悟しておきましょう。また、のんびり構えている間に、希望したい会社の求人が埋まっているかもしれません。転職は人生の転機です。のんびりするのはもう少し先に延ばして、チャンスは逃さないように早め早めに情報をキャッチしましょう。

 

仕事探しは1つに頼るのではなく、あらゆる機会を利用して行う

自分に合った最高の求人情報は、どこに公示されているかわかりません。新聞を信用していると言っても、それだけに頼ったら求人情報誌などの媒体に載った情報は見逃すことになります。新聞·雑誌だけでなく、人材紹介機関や転職フェアなど、あらゆるチャンスを利用することが大切です。

 

採用が決まらないからと、焦って決めたり、安易に妥協したりするのは避けたい

最初のんびり(甘く考え)構えて、思うような会社に出合えないからと、焦って決めたり、妥協するのは避けたいところです。転職は一生を大きく左右する出来事ですから、決めるときはあくまでも慎重
に。失業生活から早く脱したいと安易に決めて、犯罪ぎりぎりの会社に入社してしまった、ということもあります。情報は「積極的に集め」、入社を決めるのは「慎重に」が、適職探しの鉄則です。

 

 

「勝つ!!転職・再就職/再出発の手引き」就職問題ネットワーク/法研からの抜粋